TensorFlowをインストール

必要なもの

まず、このページのTensorFlow用のwhlファイルをダウンロードしておきます。RaspberryPi2/3はそれぞれcp27-none-linux_armv7l/cp35-none-linux_armv7lをダウンロードしてください。 今回はTensorFlow-1.11.0のRaspberryPi3用のものをダウンロードしました。 次に、TensorFlowを導入する際に必要なGLIBCXX_3.4.22をインストールします。その後、さっきダウンロードしたTensorFlow用のwhlファイルをpipでインストールします。

sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-toolchain-r/test
sudo apt-get update
sudo apt-get install gcc-6 g++-6
sudo pip3 install tensorflow-1.11.0-cp35-none-linux_armv7l.whl

これでTensorFlowの導入は終了です。

OpenCVをインストール

必要なもの

まず、OpenCVを導入するときに必要なものをインストールします。

sudo apt-get install build-essential git cmake pkg-config libjpeg-dev libtiff5-dev libjasper-dev libpng12-dev libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev libgtk2.0-dev libatlas-base-dev gfortran
sudo apt-get install python3-dev python3-pip
sudo pip3 install numpy

次に、opencvとopencv_contribをダウンロードします。

cd ~
git clone https://github.com/Itseez/opencv.git
cd opencv
git checkout 3.2.0
cd ..
git clone https://github.com/Itseez/opencv_contrib.git
cd opencv_contrib/
git checkout 3.2.0
cd ..

ダウンロードが終了したらビルドしていきます。

cd opencv
mkdir build
cd build
cmake -D CMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE
-D CMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local
-D INSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON
-D OPENCV_EXTRA_MODULES_PATH=~/opencv_contrib/modules
-D BUILD_EXAMPLES=ON ..

ビルドが終わったらインストールしていきます。

make -j4
sudo make install
sudo ldconfig

以下のようにimport cv2コマンドを使ってエラーが出なければ、導入は完了です。

python3
>>> import cv2
>>> cv2.__version__ '3.2.0'
>>> exit()